FC2ブログ
フライングクロ
08 | 2019/09 | 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ある日のガレージ

左からGT550、GT380
そして、1971年の初期型
ダブルドラムブレーキ、鉛筆マフラーの
GT750が仲間入りしました。
 
内緒ですよ!(誰に?)
以上、報告でした~。

スポンサーサイト



スズキ GT125 3型

画像が出てきましたので、
以前にも、ちょっと紹介しました
GT125の3型です。
 
もう5年程前になりますが
ガレージが火事になりました。
他にKM90やギャグ、
ロードパルなども入っており
ひどいものはアルミが
溶けていたりしましたので
このGTはまだ軽症でした。

メーターは形は残ってますがレンズが割れ
ワイヤー類は、もちろん全滅ですね。

テールは2型と同じ丸いテールランプですね。
シートも無残な姿になってしまいました。

エアクリーナー、オイルタンクも溶けてます。
クラッチレリーズカバーも樹脂ですので歪んでますね~。

こんな状態でしたが、どうにか使えそうな物は
バラして保管してあり、時間があれば
このフレームに使える部品を使い復活できたらと考えてます。

スズキ GT380B6

1977年(昭和52年)頃のGT380B6です。
僕がスズ菌に感染するきっかけになったバイクです。
最高出力38ps、最大トルク3.8kg-mと
サンパチづくしです。
 

3気筒4本出しマフラーが特徴ですね。
リアウインカー間も380mmです。
 
このGT380は
ヨーロッパからの逆輸入ですので
リアフェンダーが国内物より深いです。
 
B6はテールランプが
GSと同じホームベース型の物ですが
GT380といえば
このテールですね。
メガネテールともいいます。
 

 メーターもヨーロッパ帰りですので
元々、キロ表示でした。
 
今、何速か表示される
ギアポジションインジケーターは
乗り手に親切です。
 
ハンドルはノーマルより
低めのトマゼリのハンドルです。
 


エンジンも特徴的なラムエアーシステム
 


タンクは所々、剥がれや小傷がありますが
純正カラーのままです。
 
天気が良いと赤色は綺麗に写ります。
 
 
最近は、あまり乗れていませんが富士山や淡路島、徳島などを走った
思い出が詰まったバイクです。

スズキ GT125

スズキGTシリーズの中でも、かなり好きなバイクです。
2サイクルらしくクワァァーーンと回るエンジンで
パワーバンド辺りで街を走り回れる楽しいバイクです。
体感は凄く速い感じがします。(笑)
 
1型から4型まであります。
 部品取り車等、いろいろありましたが
全て一台ずつ所有しておりました。
 
1型は部品取り車だった為、バラしてしまいましたが、

 
1型のオイルキャップです。
「必ずCCISオイルを
お使い下さい。
お使いにならなかった場合の
責任は負いません。」と
長々、注意書きがあります。
 
 過去に酷いクレームでも
あったのでしょうかねぇ?
 
うちの1型には欠品でしたが
サイドカバーエンブレムは立体で
2型以降はステッカーになります。
  
 

2型は現在はワンオフで
チャンバーを作っていただいて
元々、低回転では力が弱い感じなのに
さらにスカスカになりましたが
面白いバイクになりました。



3型は以前、借りていたガレージが
火事になり残念ながら
写真のような状態になりました。
 アルミなどは溶けていましたが
形のあるものは部品として置いてあり
いつかこのフレームや部品を使って
1台組み立てようと考えております。
 
 
4型は知り合いに譲りましたが、
3型以前と比べて
ガソリンタンクの取付がゴム止めからネジ止めになり
シートロックの位置も違う為、タンクもシートも
そのままでは移植出来ません。
テールランプも丸からRGタイプの四角に変わります。
 
大まかに書きましたが
詳細は思い出したものから順番に
書いていこうと思います。

 

スズキ GT100

1975年(昭和50年)頃の
GT100 1型です。
 
GTシリーズの中でも
あまり存在を知られていない
中間排気量です。
 
この次の125とは25cc
(正確には97ccと124ccの27cc)しか
差がありません。
車体のサイズや装備は
ほぼ同じなのですが
エンジンの違いから
乗り心地は全くの別物です。
 

エンジンは、ハスラー系
空冷2サイクル単気筒の
ロータリーディスクバルブです。
 
アルミシリンダーの内面を
メッキしているスリーブレスですので
パーツリストにオーバーサイズピストンの
設定がありません。
 
そして、このエンジンは
車体の真ん中ではなく右に寄っています。
フレームとマフラーの干渉を
避けるためかと思いますが
重いマフラーも右ですので
かなりバランスが悪いです・・・。

メーターは曇らないガラス製です。

1型のタンクは、このデザインで
サイドカバーは同色のはずですが
2型の黒サイドカバーになっていたりと
所々違いますがフレーム番号的には1型です。

純正オプションの
キャリア付で
リアサスはGT100のみ
なぜかスプリングが
黒塗りでした。